レーシングゼロをレーシングゼロナイトに組み替えたかったけど、うまく行かなかった話です。

レーシングゼロの分解

レーシングゼロのリムが

ベコっとなったそうですが、、、

都合よくレーシングゼロナイトのリムがありました。

レーシングゼロとレーシングゼロナイトの違いはリムのみで、それ以外は共通部品です。(15cと17cでは互換性がありません念のため)

という訳でリムを交換していきます。

早速ニップルを緩めようとしたのですが、固着していて緩みません。

辛うじてDNS(ノンドライブサイド)を4本緩めましたが、残り3本がどうしても緩みません。

DS(ドライブサイド)は高いテンションがかかっているので全て緩められません。

しばらく途方に暮れていましたが、浸透潤滑剤やドライヤーを駆使して何とかしました。

しかし、1本だけ大きくねじってしまい、ねじりを元に戻しましたが、正常なスポークと並べてみると1mmくらい伸びてしまいました。

これは交換ですね。

次にDSです。

NDSを全て緩められたので、テンションが抜けて緩めやすくなっています。

が、1本だけ完全に固着していて、こちらは折れてしまいました。

レーシングゼロのスポークは1本2,000円くらいしますので、2本で約4,000円の出費です。高杉。

レーシングゼロのリムは外周にニップルを出す穴が無いので、バルブホールから出すしかありません。

マラカスの如くリムを振って全てのニップルを出しました。

それと同時に、リムの中から水が出てきたので、雨天走行をしたのでしょう。固着の原因もこの水分かもしれません。

レーシングゼロのリム重量計測

せっかくバラしたので、リムの重量を測ってみましょう。

レーシングゼロ

457g

レーシングゼロナイト

477g

ゼロとゼロナイトは同じリムで、表面加工だけが違うのだと思っていましたが、20gも差がありますね。

個体差としても差がありすぎです。

プラズマ電解酸化処理(PEO)という加工だそうですが、この加工が20gも重くさせるというのも考えにくいです。

何かご存じの方がいれば、コメント下さい。

レーシングゼロのカットモデル

レーシングゼロのリムはもう使えないので、カットして断面を観察します。

ギコギコ・・・

こちらが断面です。

一番薄いところは0.75mmしかありません。

ニップルホール周辺は厚みを持たせています。

加工技術にも驚きですが、この薄さであの強烈な剛性感を生み出しているのもすごいですね。

余談ですが、厚みを持たせているところを四角ではなく、フレームビルダーがボトルケージ穴に使うような四芒星にすれば、更なる軽量化ができそうです。加工が難しそうですが。

次回、折れてしまったスポークを注文して組んでいきます。

お楽しみに。