ロードバイクを始めたけれど、色々分からないことや聞きたいことがあるという方で、勧められてロードバイクを始めた方など、身近にロードバイク上級者がいれば、悩みや分からないことを相談することができますが、誰しもそういうわけではありませんよね。

ということで、ロードバイクを始めたばかりの初心者の方によく質問・相談されるお悩みをまとめてみました。

お尻が痛い

お尻の痛みはロードバイクを始めた方は全員通る道といっても過言ではありません。

サドルが硬い上にママチャリとは比べ物にならないくらい振動が多いからですね。

レーサーパンツを履くのも効果がありますが、それ以外でも改善の余地はあります。

過去記事にも書きましたが、ママチャリに乗り慣れている人は、サドルにどっかりと座っているので、上半身の体重がお尻に集中して痛みが出ます。

ロードバイクでは、ペダルに体重を集中させ、ハンドルとサドルは軽く支える程度にすると、お尻の荷重が減り痛みが軽減されます。

さらにペダルに体重を乗せられるようになると、楽にスピードを出せるようにもなります。

また、サドルの角度を調整することでも改善され、尿道側が痛い場合はサドルを前下がりに、尾てい骨側が痛い場合はサドルを前上がりに調整すると良いでしょう。

変速の上手な使い方が分からない

ロードバイクの変速は、フロントが2段、リアが8〜12段ありますが、どのギアで走ればいいのか分からないという質問をよく受けます。

変速の考え方として、まずフロントを変速すると、変速比は大きく変わり、リアは変速比が細かく変わります。

フロントは、走り出し・上り坂・ゆっくりペースの時はフロントをインナーに、スピードが乗ってきたらフロントをアウターに入れる。リアは微調整に使うといった感じです。

また、初心者の方は重いギアを踏みがちな傾向にありますが、脚に乳酸がたまりやすく、すぐに疲れて脚が動かなくなってしまいます。

ですので、なるべく軽めのギアを選択し、ペダルをクルクル回すようにすると、心拍が上がり息もあがりやすくなりますが、少し休憩するとすぐに回復するので、脚に乳酸をためるよりは楽に走ることができます。

機材のトラブルが怖い

遠出をしていてバイクが故障して帰れなくなったら困りますよね。

特に初心者の方はどうしていいか分からないのでその恐怖心は大きいと思います。

ですが、ロードバイクで起こりうるトラブルの大半はパンクです。パンク修理についてはこちらで解説しています。

それ以外の機材トラブルに関しては運が悪かったと割り切り、タクシーを呼ぶとか電車に積んで帰るといった割り切りが必要です。

また、そういった機材トラブルを起こさない為にも普段からのメンテナンスは大事です。定期的にショップでメンテナンスを受けましょう。

こまごまとした出費はあるかもしれませんが、放置していて状態を悪化させ、高額な修理代がかかるよりはよっぽどマシです。

車道を走るのが怖い

ある程度慣れますが、これは上級者になっても怖いものは怖いです。

車通りが多いのに路側帯が狭いような道路はなるべく避けて、広くて車通りの少ない田舎道を走りましょう。

昼間でもテールライトの点滅と目立つ服装も効果的です。

車道が怖いからと歩道を走ると、路面の波打ちや段差に気を取られて余計に疲れてしまい、アベレージ(平均速度)も下がってしまいます。

思ったより早く走れない・どうすれば早くなるのかわからない

YOUTUBEなどでハイスピードで気持ちよさそうに走っている動画を見たりすると、自分でもやりたい!と思いますが、初心者の方はいきなりそんなにスピードを出して走ることができません。

あれは、ポジション・体の使い方・トレーニング・機材の性能の全てが揃って初めて出せるスピードなのです。

ポジションと体の使い方は経験を積みつつ調整していくしかありません。

トレーニングと機材ですが、性能の低いバイクで早い人と一緒にライドに行き、置いて行かれてしまい、下を見ながらタラタラ走っていては、いつまで経っても上達しません。

自分よりも早い人に、離されないように必死に食らいついていくのが一番上達します。

その為に高級機材を投入する必要があれば投入するべきです。

実力の拮抗しているライバルが高級機材を導入して、ついていけなくなったからと言って、下を見ながらタラタラ走っているとそのうち脚力までもが離されてしまいます。

また、「安いバイクでも強い人は早く走れる」とか「安いバイクで高級バイク乗りをぶち抜くのがいいんじゃないか」などと言う人がいますが、あれは結果が前後しています。

トレーニングおよび経験を積んで早く走れるようになった人が、安いバイクに乗ってもそれなりに早く走ることができる訳で、最初から最後まで安いバイクでどんどん強くなって、レースで優勝するなんて人は見たことがありません。

まとめ

というわけで、ロードバイク初心者にありがちなお悩みと解決方法を挙げてみました。

このほかにも色々あるかと思いますが、身の回りに教えてくれるような人がいなければ、ショップに聞いてみるのもありです。(あまり迷惑にならない程度に)

SNSで聞いてみるのもいいかもしれませんが、素人がテキトーなことをしゃべっているだけのほうが多いので、発言者の権威性を確認しましょう。